広島県漁業共済組合 本文へジャンプ



 

平成27年3月以前のコラム
<<前のページ | 次のページ>>
2018年5月7日(月)

 4月から平成も30年度となり、この元号も残すところあと1年と少しとなりました。次がどのようなものになるのか気になりますが、新しい元号に慣れるまでに時間がかかりそうです。
 さて、年度が変わるこの時期は毎年、養殖共済の推進に追われる日々が続きます。昨年はかきが採苗不良だったため、契約の後退もやむを得ないという思いと、後退させるものかという思いが交錯する中で推進を行っていますが、殆どの契約者が前年並みの契約内容での継続となっており、少し胸をなでおろしているところです。ただでさえ、採苗不良で養殖業者の経営が打撃を受けている年に大きな台風等、自然災害は起こって欲しくないと願うばかりです。


   © 2006 広島県漁業共済組合