広島県漁業共済組合 本文へジャンプ



 

平成27年3月以前のコラム
<<前のページ | 次のページ>>
2018年11月29日(木)

 先日新聞を読んでいると「世界の塩9割にプラ片」という見出しがありました。マイクロプラスチックという言葉を最近よく目にします。海を漂うプラスチックごみが微小化したものをマイクロプラスチックと呼びますが、それが塩にも含まれていることが韓国の仁川大学と環境保護団体が行った調査でわかったという記事でした。日本の塩は調査対象外だったそうですが、21の国・地域から集めた39種のうち9割から検出されて、アジアの国で含有量が多い傾向にあったとのことです。
 人体に悪影響を及ぼす恐れがあると言われているので、塩に含まれているとしたら恐ろしいことです。自宅で使っている食塩に含まれているかどうかはわかりませんが、とりあえず、いつも使っているものからヒマラヤの岩塩に変えてみました。しかし気休めでしかありません。また、塩だけ避けていれば大丈夫ということでもありません。
 環境保護活動に熱心なわけではないのですが、自分たちが口にするものは安心、安全なものであってほしいと思うので、少しでもごみを減らすために自分にできることをしたいと思います。


   © 2006 広島県漁業共済組合